腸内環境が改善されやすい運動

腸は、第二の脳みそと言われくらい、とても大切で重要な臓器です。
その腸内の環境がしっかりと整備されていないと、不健康へまっしぐらなのです。
皆さんの腸内環境は、しっかりと整備されていますか?
今回は、腸内環境が改善される運動をご紹介いたします。

 

 

◎腸内環境がいいのか、わるいのか、どうしたらわかるの?

腸1
そもそも、腸内環境がわるいとはどの状態のことをいうのでしょうか。
一言でいうなら、「便秘」ということです。その便秘を解消するには、まずはインナーマッスルを鍛えることです。
具体的にいうと腸腰筋や大腰筋がそうです。さらに、血液の循環を良くすることも非常に重要ですね。
そのためには、ウォーキングがベストです。歩いているうちに、血の巡りが良くなり、体に溜まった老廃物を外に押し出してくれるので、
結果、腸内環境が良くなるのです。

 

 

◎過度な運動がだめな理由とは

腸3
どもれ難しいことではありませんね。「歩く」という最低限の運動が実は人間の健康を支える重要な運動だったということですね。
ここで重要なことは、「過度な運動は控える」ということです。」強すぎる運動は交感神経を優位にさせるため、かえって腸の動きが鈍ってしまうということが生じます。

 

 

◎ひねることがキーポイント

腸2
ウォーキングといい、インナーマッスルといい、共通していることがあります。
ウォーキングはひねる動作があります。そして、インナーマッスルを鍛えるうえでは必ずひねった運動が肝になってきます。
身体をひねる運動が便秘改善してくれ、腸内環境を改善してくれるのでした。

 

 

◎毎日続けることが大事

腸4
さらに、便秘の原因の一つにストレスということも挙げられます。このストレスも軽度の運動で解消されるということが最近の研究でわかってきています。
老廃物も、ストレスも体によくありません。体に溜め込まずにデトックスしてあげましょう。
その手段はお金をかけずに、毎日適度なウォーキングとインナーマッスルを鍛える運動だけでOKです。
難しいとかえって続かないことがありますよね。ポイントは続けるとこですから、是非実践してみください。

 

おなかの不調にはビフィーナがおすすめ

便秘や下痢、腹痛には乳酸菌のサプリメントが良いでしょう。
善玉菌を増やすためには効率的に強い乳酸菌を摂る必要があるのです。乳酸菌自体はどんどん出て行ってしまうので、うまく悪玉菌をやっつけそこから出て行く必要があるのです。悪玉菌をやっつけるにビフィズス菌がとっても大切。
ビフィズス菌を効率的に増やすにはビフィーナがおすすめ。
森下仁丹のビフィーナなら下痢や便秘にもとっても効果があり、おすすめです。
ビフィズス菌の数が3種類から選べるので自分にあった商品を選ぶことができます。私は特にビフィーナSをおすすめします。
(コスパがいいから)

便秘解消ダイエット-1sは夢じゃない

世の女性にとって美しいプロポーションを実現するため、もしくは維持するためにと励んでいることの多くがダイエットだと思います。
皆さんは、たった1週間で1kg減少できるとしたら、してみたいですか?または、その方法をしりたいでしょうか。
その方法は、実は以外なものでした。

 

 

◎食事制限でダイエットした場合、リバウンドのリスクが一番高くなるって知ってましたか?

腸5
ダイエット経験はほぼすべての女性があるのではないでしょうか。そして、一番簡単で真っ先に思いつくことが、
食事制限によるダイエットだと思います。実はこのダイエット方法は、メニューにもよりけりですが、ほとんどの場合が間違った認識です。
食事制限をすることで、便を作ってくれる食物繊維が相対的に減ります。このことが、実は便秘にもつながっており、
ダイエットを始めて直ぐは結果が出たけれども、中盤になって体重が落ちない原因だったのです。
さらに、食事制限によるダイエットは、後に間違いなくリバウンドしてしまいます。筋肉量も減ってしますので、
エネルギー原となる糖質を体に溜め込んでしまうことになるためです。健康的な側面からもいかにおすすめできないかお分かりいただけましたでしょうか。

 

 

◎食事制限とは、余分なものをそぎ落としたメニューのことを言います。

腸6
そして、現在進行形で便秘の方はこの便秘を解消してあげることこそが1週間で1kg減少する答えだったのです。
1週間の内、最初の2日間は便秘の解消だけに焦点を当てて生活していきましょう。
上記にもありますが、便を形成してくれる食物繊維を多く含まれている、キノコや海藻、雑穀ご飯やお野菜の多い食事を心がけましょう。
さらに、油ものの料理には植物性油を使用することをお勧めします。

 

 

◎健康的に、運動も忘れずに

腸7
そして、食事もこれで正すことができたら、次はご自身の体温を上げることを意識してみてください。
基本は36.5℃以上です。それ以下である場合は、低体温症ということになりますから、ビタミンやミネラルをバランスよく、且つ大量に摂取していただき、体温を上げることを意識してみてください。食材では、赤い食材が血液量を増やし、体温を上げてくれます。
もちろん、運動は絶必ですよ。それも過度な運動ではなく、軽度な運動を。ウォーキングなどが簡単でしかもベストです。

 

やることはいろいろありますが、1週間で1kg減少するためには、それなりに健康にも気を使いますし、大変なのです。
しかし、1週間後には1kg痩せた自分だけではなく、健康的になった自分にも気が付くはずです。
是非、お試しくださいませ。

便秘改善エクササイズ

普段から事務に通って運動なり、何かしらのエクササイズを行っている方は、是非最後まで読んでみてください。
+αの動きを加えるだけで、便秘が解消されるかもしれません。今回は、便秘でお悩みの方を対象とした、
仕事や家事の合間などに短時間でできる簡単な便秘改善エクササイズをご紹介いたします。

 

 

◎ポッコリお腹の原因が便秘だったら?

腸8
普段から運動をしているのに、なぜか下っ腹が消えない。しんな経験ありませんか?もしくは、現在進行形でしょうか。
そんな悩みを抱えている方は、実は少なくないのです。ポッコリの原因が便秘や皮下脂肪の場合は日々エクササイズを続けることで改善できるかもしれません。
まずポッコリお腹の原因が慢性的な便秘であった場合、腸の内容物が増え、下腹を押し出している可能性があります。
朝目が覚めた時に、布団の中で両手を腹部の上で重ね、下腹の右下からおへその上を通って左下まで、時計回りに圧迫していきましょう。
脂肪の下の筋肉を触るつもりでやや強めに、一カ所3秒を目安に圧迫するとよいでしょう。
次に、あおむけに寝たまま片方のひざを両手で抱え、息を吐きながら引き寄せる動作も便秘改善に繋がります。
それを、左右の脚を交互に3回ずつ繰り返しましょう。布団から出たらコップ1杯の冷たい水を飲むと、さらに効果は高まります。

 

 

◎単純に皮下脂肪がたれさっていうことポッコリお腹の原因なら?

腸9
下腹の皮下脂肪が垂れ下がっていることが原因なら腹筋、特に腹から背中まで左右に横断している筋肉を鍛えれば改善につながるといわれています。
デスクワークの合間にでも、いすに座ったまま両手を下腹に当て、腹部の凹凸を意識しながら腹式呼吸してください。
息は鼻から吸い込み、口から吐き出すのが基本ですよ。10回ほど続けて行えば腹横筋を鍛えられます。
ひざを上げる運動も是非試してみてほしいです。両手で壁を支えて真っ直ぐに立ち、片方のひざをゆっくりと垂直に持ち上げて5秒間キープします。
いったん元に戻してから、もう一度。これを左右6回ずつ繰り返します。                

 

 

さて、今までご紹介してきたエクササイズは、簡単にできてしまうので、
皆さんも是非体験してみてください。